恐れからの解放

恐れからの解放

マーリン キャロザース著、 雲の間にある虹出版

「獄中からの賛美」「賛美の力」で世界中のクリスチャンに あたらしい
信仰への姿勢を知らしめた 著者による10年ほど前の著作だが この
不安な世界情勢の故か 又 新たに脚光をあびはじめた書籍です。

身におこるすべてが 神への信頼を学ぶために 神が備えられた機会
なのだと 信じる事が 恐れを打ち負かす重要な鍵と本書は明示してます
ローマ人への手紙 8:28、 申命記31:8、マタイ10:28. ..
など 数えきれないほど聖書には 私たちへの神様からの励ましが記されて
ます 不安のない、 恐れのない人生を生きてる人は ひとりもいないと
おもいますが どうぞ 著者の再発見したその術を 本書からご自分の
ものとしてください。

東北被災地ボランティア2

*一年前の3月11日、午後2時46分、日本にとって歴史上最強の地震が東北地方を襲った。その地震の強さは世界でも5番目と記録された。

*その地震は40.5メートルにも及ぶ強大な津波を及ぼした。

*その地震は地球の軸を10cmから25cmも動かした。

*18の県、または都府で15,850人の人が死亡、6,011人が怪我、3,287人が行方不明、また、125000件もの建物が破壊した。

*管直人首相は、”第2次世界対戦以降65年で最も日本が危機に陥った日。”と述べた。

IMG_0433

始まり:

*9月のある日、母が添付してくれた、日本で援助活動をしている僕の友達の松本秀一からのEメールを読んだ。母は冗談っぽく”あなたもやったら?”と言った。

僕は、”オッケー、僕もやりたい.”と答えた。

*2011年10月3日、僕は日本に向かった。

*秀一が成田空港に迎えにくるはずなのに、一時間経っても秀一の姿は見えない。

持っていたラップトップで秀一にメールすると、案の定、僕が来るのは次の日と思っていたようだ。この時、これから2ヶ月の日本滞在がままならない経験になる、と確信した。

0030-0.2

モービルカフェ:

*目的地にやっとたどり着いた僕を待っていた仕事は、瓦礫を片付ける事である。僕はあまり瓦礫の片付けに貢献したとは思えない。被災地でのボランティアの働きは、片付けの他に仮設に行って、物資をとどけたり、モービルカフェを設置することだった。

*CRASHの人達は肉体的労働よりも被災者の精神的な面に焦点を当て、特にモービルカフェに力を入れた。

*モービルカフェは仮設の一部を借りて行われ、そこに住む仮設の人々を招いた。

*そこではベルギー風のワッフルを作り、コーヒー、お茶、音楽と共に提供した。

*普段日本政府が提供しないようなそんな暖かいおもてなしに、被災者の方々はとても喜んだ。

*モービルカフェは素晴らしいアイデアだとおもう。なぜなら、被災者の方々が外に出て、他の人々と交わるチャンスを与えたからである。

*被災者の方々は、モービルカフェでいろいろな話を分かち合った。命からがらで逃げて来た話、一瞬の決断が生死の境目になった話である。

*仮設では、被災者の方々は近所に誰が住んでいるか殆ど知らなかった。このモービルカフェを通して少しずつ近所の人と交わり、被災の事について話し合う事がどんなに大切な事だったろうと思う。ボランティアの人でもそれは分ち合えないのだ。

*最初はキリスト教については何も語れなかった。被災者達もそれどころではなく、聞く耳を持つどころではなかったと思う。

*その代わり僕らはイエス様を行動によって見せるようにした。そのうちにだんたんと皆が打ち解けて来て、キリスト教や、神の事について聞いてきた。僕らが無理矢理彼らの境域に押し入るのではなく、彼らがドアーを開けやすいようにした。

*僕らは僕らの行動によって、溢れる愛によって神を伝えようとした。

*時間が経つと、被災者の人達にイエス様の事を伝えたり、一緒にお祈りする事が出来るようになった。

*しかし、それでも多くの被災者は神の事を語りたがらず、それは、神がなぜこのような未曾有の災害を彼らにもたらしたかを理解出来ないがゆえのものであった。

*僕は、モービルカフェで大変苦労をした。それというのは、被災者の方々が話している事の内容を殆ど理解できなかったからである。話が理解出来ないという事は、僕は何も役に立ってないと思い始めたのである。

*ある日、僕はモービルカフェに来ていた子供達と遊ぶチャンスに恵まれた。

*神様は僕が被災者とのコミニュケーションが出来なく、自分の事を”役立たず”と思い始めた事をちゃんと見ておられた。

*子供達とはコミニュケーションはいらなかった。子供たちは津波、大震災以降思い切り遊ぶチャンスがなかったので、とても喜んであそんでいた。僕はただ、子供達と無心に遊んだ。

Children

 

希望の木:

*陸前高田には”希望の木”と呼ばれている木がある。

*この松の木はただ一つ、津波から生き残った木である。だから、”希望の木”なのである。

*日本の人達はこの木を希望のシンボルとし、それに拝んでいる。

*政府でさえも、この木を守ろうと躍起になって努力している。

*しかし、どんなに人々が躍起になろうと、この木は瓦礫と、油と、海水にまみれて死んで行く。

*宗派の違う仏教のお坊さんまでこの木のところに来て拝んでいる。

*日本の人達はなぜ、この死んで行く木に希望を持とうと躍起になっているのだろう?

彼らはなぜ、永遠のものに目をむけず、”物”に向かって拝んでいるのだろう?

ただ唯一の永遠のお方である、イエス様にその希望を向けた方が確かなのである。

 

学んだ事:

*神はこの未曾有の大災害の中でも、人々に愛を与え、それによって動かされた人々が物資を提供している。希望を持ち続ける事は力である。

*神のことを語るのに最良なのは、行動でみせることである。愛、強さ、希望、を日々の生活の中でみせることによって、未信者に疑問を抱かせるのだ。“どうしてあの人はこの状況に合ってあんなに強いのだろう?”と。そこから徐々に神について語る事が出来る。

私たちの強さは神からくるものである、と。

*神に喜ばれるのは神を信頼する心である。今回の日本へのボランティア活動で、僕は本当にどうやって2ヶ月間日本で暮らしていけるのか見当がつかなかった。しかし、神は必要な物を必ず提供してくれる。大切なのは、それを恐れずに神に信頼して行動することである。

*一日の終わりに今の人生に感謝しよう。今、僕がもっているものに感謝しよう。

日本へのボランティア活動から帰って来てからは、学校でつらい事が合っても、仕事でつらいことがあっても、毎日僕は神に感謝する事を覚えた。僕は今、家族があり、住む家がある事にとても感謝している。

 

結論:

去年起ったこの東北大震災、津波は主流のニュースからはもう少しづつ省かれているが、だからといって、この地域に及ぼした被害が消えた訳ではない。まだ、何千人という人々が仮設住宅に住み、私たちはその人達の為に常に祈らなければならないと思う。

サポートとお祈り、ありがとうございました!!

 

2012年3月11日  カーディナル 一夫 サンカー

 

東北被災地ボランティア

 

「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました(第1コリント人への手紙5章17節)。」

2011-08-31 12.30.35

東日本大震災ボランテイアに参加して僕の人生が変わった!

 

僕はお母さんのお腹にいる時からクリスチャン! 生まれた時から、毎週日曜日は教会!

神様のこと、イエス様のことは分かっているが、どういう訳か日曜学校では一番?のいたずら、腕白、マイペース。ただクリスチャンファミリーだから教会に行っていたような気がする。

だから教会の先生たちには、色々な意味で世話をかけたかな?

 

そんな僕が大学2年の時に日本で大きな地震があって、沢山の人が亡くなり、沢山の教会の人たちがボランテイアに参加していることを知り、僕も大学2年生の夏休みを使い、1ヶ月間ボランテイアに参加したのは、地震が起きてから5ヶ月過ぎての8月だった。

2011-09-20 14.44.09

キリスト系の団体CRASHというボランテイア団体のスタッフとして石巻に派遣された。

あたり一面、めちゃくちゃに破壊された家の残骸、車の残骸、小さな船、巨大な船、その残骸の山、山、山が果てしなく広がっていた。

 

新聞の記事に沢山の被害を受けた写真が載っていたが、実際に自分の目で見ると、まるでこれが地獄なんじゃないだろうか、と思わされた。あたり一面破壊の跡に言葉も出なかった。

実際に自分の目で見てみなければ、分からないことが沢山あった。

2011-09-28 11.21.08

そんな中で色々な人たちがボランテイアに来てくれて、そういう人たちと一緒に町の消毒や、地震で潰された家の片付けを手伝ったり、小学校に行き子供達と遊んであげたり、毎日毎日、破壊された町並みを見て回った。

 

その景色を見ながら、出てくるのはため息ばかり、多くの人が亡くなり、自分は何故神様から生かされているのかを考えさせられた1ヶ月間だった。

 

ボランテイアを通して、一番嬉しかったことは、クリスチャンだという事で、震災にあわれた人たちから信頼されたこと。ある宝石屋さんだった、泥だらけで潰れたお店からの宝石探しに、この僕がクリスチャンだからと言う事で、特別にお手伝いを依頼され、宝石探しをした。不謹慎かもしれないけど、まるで宝探し見たいで、楽しい?仕事のひとつだつた。

なぜなら、宝石をひとつ見つけるたびに店の人がすごく喜んでくれたから。後でその人が、内緒だが、この宝石探しはクリスチャン以外の人には頼めない」と僕に言っていたことを思いだす。この僕が、ものすごく信頼され、頼りにされ、涙ながらに感謝されたことは、本当に色々考えさせらた。

 

もうひとつは、小学校に呼ばれ、子供達の遊び相手になったこと。僕は体も背丈も大きいので、何人もの子供が僕の腕にぶら下がりたいと、沢山の子供が僕に寄ってきたこと。子供たちは、順番、順番に僕の腕にぶら下がり、大きな声で笑っていたことを思い出す。

 

この二つのことが、あの暗い、地獄ような場所でのボランテイア活動の中でも、楽しいひと時だった。

 

もうひとつ忘れられないのは、ある会社の社長さんの一言。その会社の沢山の社員がなくなり(40人以上の社員が亡くなった)、その社長さんから、生かされていることを感謝しなさいと言われたこと。クリスチャンではないその人が、クリスチャンの僕をそうして励ましてくれたことは忘れられない。その人の地震で潰れた会社の掃除を手伝ったことが、すごく感謝され、自分の大事にしていた、地震でただ一つ残った大きなメキシコ製の帽子を、僕にくれた。これを見ていつも、ここでのことを忘れないように、しっかり生きろよと、言われたことが忘れられない。その帽子は、家においてあります。

 

本当に沢山、いろいろなことを考えさせられた1ヶ月だった。多くの人たちがボランティアで震災で大変な苦しみの中にある人たちを助けて働いていた。ボランテイアのあとアメリカに帰り、大学でこのままのんびりしつづけるのがいやだった。9月からの大学3年の新学期を迎えず、そのまま大学を中退して、米国陸軍に入隊した。人を助けたいと思った。ただいま陸軍航空部隊に所属してイタリヤの米軍基地に派遣されている。

 

陸軍の卒業式、日系人は僕、ただ一人、基地でも僕一人、色々なつらい事も沢山あるが、あの地震のボランティアを通して、イエス様が自分といつも一緒に生きてくれて、いつも一緒だということを再確認しながら、今僕は生きている。

 

いつか、またあの復興された、石巻に行ってあの笑顔の子供達と再会したい。

そしてイエス様にあって新しく造られた僕をもう一度皆に見てもらいたいと思っている。

 

松本秀一 イタリヤ在住 ウエストロサンゼルスホーリネス教会メンバー

 

 

 

 

 

天から授かった命を大切にするために

天から授かった命を大切にするために

生き逝きセミナー

医療従事者からのメッセージ生き逝きセミナーが開催される。口がきけないほどの重体になった時、自分は何をしてほしいか?  セミナーでは、医療機関での心得と準備がんを予防する免疫力を高める食事と生活方法とは日本人にとってなじみ深い『気』を改めて考える。こうした、命を大切にするために今自分できることを知るためのセミナー。日時は1013日(日)2pm~4pm、場所WLA HOLINESS教会(1710 Butler Ave.,L.A.,CA 90025入場無料

ひと言でいいのです

ひと言でいいのです」

吉川直美 編著  いのちのことば社

 

牧師、作家、女優、 様々な方の「ひと言」に吉川師がコメントをくわえた 素敵な1冊です

私たちの口にする「ひと言」が 人を慰め力づける祝福のことばともなれば、人のこころに突き刺さり

のろいのことばにも...

人を癒し もういちど 立ち上がらせることのできる 神のことばを私たちの「ひと言」にしたいと

願って やみません

 

「置かれた場所で咲きなさい」

            渡辺和子 著   幻冬舎       

 

「時間の使い方は そのまま 命の使い方です。 置かれた所で咲いてください。どうしても咲けない時もあります

そんな時には 無理に咲かなくてもいい。 その代わり 根を下へ下へと降ろして根を張るのです 次に咲く花が

より大きく美しいものとなるために...」

 

岡山のノートルダム清心学園の現役理事長であり シスターである80才の作家のエッセイによって 25年前に教会へと

導かれた私は彼女の大フアンでほとんどの著作は読んでおりますし 今もその中の1冊を伝道に用いさせて頂いてます

この本は彼女の作品の凝縮版といえるのでは ないでしょうか 日本で年間ベストセラーとなった この本はnon-christianへの

ギフトとしても最適です

 

森 礼子

 

 

 

 

Sense of Urgency

323日、着いた新宿の閑散とした町並みと、そのどんよりとした空気に漂う言いようのない寂しさは私の生涯忘れられないものとなった。 私は神様から頂いた看護師という職業を使い、今回の東北大震災後の宮城県南三陸町での医療ボランティアに参加することができた。

これは原爆か空襲か、と思うような悲惨な震災後の南三陸町の中で被災者の方々と、それを援助しようと働きかけている世界中の人達が繰り広げる心温まる人間愛を目の辺りにすることができ、より多くの方々に伝えるのも私の役目であるのではないかと思う。


私の見た南三陸町の人達は皆、一生懸命に生きようとしていた。何もかも失っても、文句を言わず、事実を受け止めて、ゆっくりと歩き出している。日本人独得の ”起こってしまったことは仕方がない“ と言う辛抱強さなのか、黙々と瓦礫の中から家族の思い出の品を探す人々、長蛇のGasolinの列に並ぶ人々を目撃した。…と同時に、今回のこの災害は多くの人にとって、日本の”辛抱”の文化だけではとても簡単に受け止められない酷なものでもある。 目の前で自分の孫が波に飲まれて、今も見つかっていないと語ったおばあちゃんは、何で自分が生きているんだろう、と泣いていた。家族親戚を13人も失ったと言うおばあちゃんは、静かに”夜眠れないんだよ~。“とつぶやいた。奥さん、子供、お母さんを一度に亡くした消防隊員がいた。屋上に逃げてそのまま波に飲まれた人もいれば、屋上に逃げて助かった人もいる。あの時、右に曲がっていたら今は生きていなかった、と語った人もいた。今、多くの日本の人の中で、”私は生かされている”、”私が今生きているのは、何か意味のあることだと思う。“ といった気持ちが湧き上がっているようだ。昔のエジプトやギリシャのように、たくさんの神がはびこる日本。そして、御利益信仰の神々があちこちに見られる日本の人々にとって人間が本当に生きる意味は何なのか、どうしてこの世に生まれてきたのか、と考え始めることには、大きな意味があると思う。

イスラエル医療団の宗教、人種、政治を超えた援助も目撃した。イスラエルの助けにどういうわけかあまり”乗り気”でない日本の政府、外務省に対して不平を一言も言わず、どうしたら日本の人々に受け入れてもらえるか毎晩ミーティングをしていたと言う。4月の上旬に撤退するに当たって、医療機材全て南三陸町の地元の病院復興のためにおいていったそうだ。

たくさんの愛を見た。見返りを期待せずに、誰かのために一生懸命になっている姿をあちこちで見かけた。この地球はまだ、捨てたものじゃない、と思った。

今回のこの大震災はクリスチャンにも大きなチャレンジを投げかけている。

どうして、愛の神がこういうことを許すのか、、、“と。

しかし、私は神が全てのことを良しとしてくださることを知っている。この未曾有の大災害からも、何かとてつもなく素晴らしいものが生まれようとしているのを感じる。

それと同時に私達がこの世に持っているものなんて、本当にあっけなくなくなってしまうものだ…ということも知らされた。命さえもである。明日召されてイエス様と顔を合わせても恥ずかしくないように生きなきゃ、と思った。

”Holy Urgency”と言う言葉をどこかで聞いたことがあるが、まさにその通りだ。

私達はクリスチャンとして、そのような切迫感に満ちた生活をしているだろうか? イエス様のことを伝えなければいけない人がいるのに”明日言えばいいや…”と伸ばし伸ばしにしていないだろうか。私達は天国にいけることばかりを楽しみにしているのではなく、天国に行ってイエス様に会った時に”よくやった!”と言ってもらえるように、常に用意していなくてはいけないのではないだろうか?

私の兄弟たち。

様々な試練にあうときは、

それをこの上もない喜びと思いなさい。

信仰が試されると忍耐が生じるをいうことを

あなた方は知っているからです。

その忍耐を完全に働かせなさい。そうすれば

あなた方は、何一つ欠けたところのない、

成長を遂げた完全なものとなります。

ヤコブの手紙1:2-4

By M.M

「花の詩画集 種蒔きもせず」

「花の詩画集 種蒔きもせず」  星野富広  

すみれの種には蟻の好物が付着しているそうで 蟻はそれを食べるために 種ごと巣に運び込み 食べ終わると 巣の外の蟻が掘った柔らかな土の上に運び出してくる。結果 すみれは見事に種蒔きされて あの可憐な花を咲かせ そのおかげで蟻もますます繁盛なのである。蟻とすみれのように 私も人の中で助けられながら生きている。 1枚の作品を描くのも今まで 自分の命を注ぎ込んで生み出していると思っていたが それは錯覚だったようだ。むしろ描いているものから筆を通して 喜びや優しさ 静けさ 強さなど 生きていく力を私が与えられていたのである。

                           本文より

トラクト「The Search-道をさがして」  日本キャンパスクルセード

従来のトラクト「4つの法則」を漫画にしたもので Visualにも とても良く判るように描かれており 若いNon-Christianに伝道のToolとして差し上げるのに 最適な漫画トラクトです。

第二回 One Heart, One Prayer 東日本大震災救援チャリティーコンサート

東日本大震災救援チャリティーコンサート

第二回One Heart & One Prayer

クラシック・ピアノと子供達による詩の朗読

6月12日(日)午後2時半

被災地ではまだまだ支援を必要としています。お友達をお誘いの上ご参加下さい。

場所

OMS West LA Holiness Church
1710 Butler Ave. West Los Angeles, CA 90025
310-473-2130

View Larger Map

入場料は無料

100% of the Fund will be donated 100% to Eastern Japan Earthquake Relief Fund through Japan Red Cross. If requested, we will issue tax-deductible receipt.

本日ご来場下さった皆様からの義援金、またWLAHC宛に郵送して下さった東日本大震災の為の義援金は、全額日本赤十字を通して被災者の元にお届け致します。

第一回チャリティコンサートのご報告

5月1日に開催されましたフラメンコ・ゴスペル・チャリティコンサートに
予想を超える沢山の来場者がありました事を、
アーティスト並びにウエストLAホーリネス教会一同、心より御礼申し上げます。

5月2日現在のコンサートによる義援金の総額は$4,472でした。

日系チャーチの主催ですが、来場者の約80%はアメリカ人で、
ノンクリスチャンの方が多かったにもかかわらず、オープニングの
鶴田大地さん率いるゴスペルグループのプレイズソングでは
全員が立って賛美に合わせてリズムを取っていました。

ギタリストのJose Tanakaの呼びかけで集まったアーティスト達に
よるフラメンコのグループは、
ギタリスト3名、ダンサー6名、シンガー1名(2部では会場に
見に来ていたJose氏のスペイン滞在中の友人のシンガーとダンサーが
飛び入り参加)
総勢10名でフラメンコを十分に魅せて下さいました。

喜び、哀愁、悲しみ、勇気などが表され、迫力と優しさに
あふれた音楽に会場の皆様が喜んでおられる様子が伺われました。

演奏の中程にJose氏による被災地の写真の説明とこの未曾有の
大地震、津波、放射能による3重苦の中にいる被災者の為の長期に渡る
支援のアピールに会場が涙と共に一体となり、義援金が多く捧げられました。

第1回 ” One Heart, One Prayer ”  Charity Concert for Japan Earthquake Relief Fund に
ご来場下さったお客様、来れなかったけれど送金して下さった方、広告に協力して
下さったメディアの方、地元のスーパーやお店でチラシを貼って下さった方、
このコンサートのためにステージを作ったり、ご奉仕をして下さった全ての方々に
神様からの祝福(シャローム)がきっとあります!!

皆様の暖かいお心に感謝をこめて、有り難うございました。<(_ _)>

                          C.T. (*^ – ^*)

東日本大震災救援チャリティーコンサートのお知らせ

チャリティーコンサート

東日本大震災により被災された方々、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

その後も余震とは言い難い大きな地震が続き、救助や支援に当たっておられる方々、
また福島原発施設での復旧作業に命がけで働いておられる方々の安全をお祈り致します。
未曾有のマグニチュード9大地震、大津波、原発事故の大惨事に、遠く海外に住む私たちも
心が引き裂かれる思いです。
West Los Angeles Holiness Church教会員のERの看護師Sさんは医療協力隊として、
3月末から4月4日迄仙台の南三陸町の被災地で活動されました。
教会では被災地復興のために長期にわたる支援をして行こうと思いを一つにしております。
第1弾として以下の通り救済チャリティーコンサートを開催致します。
One Heart & One Prayer

フラメンコとゴスペルアーティストによる東日本大震災の救済チャリティーコンサート
南カリフォルニアのフラメンコのトップアーティストとゴスペルアーティスト達が義援金とメッセージを送るために集結。

主催:ウエストロサンゼルスホーリネス教会

出演者
Flamenco Dancers :  Mizuho Sato, Briseyda Zarate, Reyes, Barrios,La Yeni, Vanessa Albalos
Flamenco Sigers : Jesus Montoya, Marysol Fuentes
Flamenco Guitarists : Jose Tanaka, Kai Narezo
Gospel singer : Hiroko Tanaka
Gospel singer & keyboard : Daichi Tsuruta

日時
5月1日(日)午後2時半

場所
OMS West LA Holiness Church
1710 Butler Ave. West Los Angeles, CA 90025
310-473-2130 E-mail; info@wlahc.com

入場料は無料
被災地に送る義援金を集めます。
集めた義援金は100パーセント被災地に送ります。

Videos, Slideshows and Podcasts by Cincopa Wordpress Plugin